家賃保証は大家さんと入居者にメリットがある|魅力とは

レディ

アパート経営

女性

家族でしっかり話し合おう

比較的地価の高い地域で自宅以外の不動産を所有している家庭にとっては、相続税対策というのは非常に頭の痛い問題であるといわれています。速やかな換金が可能な有価証券などの金融資産と異なり、不動産の活用や売却には一定の時間がかかることが一般的なため、早い段階から対策を検討しておくことが重要となります。相続税の節税対策に効果的な土地活用の方法として、建設資金を借り入れしてアパート経営を行うという方法があります。土地の評価額も下がりますし、大きな節税効果が得られることとなります。しかしアパート経営には空き室リスクや入居者管理などの様々な問題もあります。そうした問題を解決する方法として、近年では家賃保証サービスを活用してアパート経営に乗り出すケースが増えてきているといわれています。管理会社が一括で借り上げてくれる家賃保証サービスを活用すれば、アパートオーナーは実際の入居率にかかわらず安定した収入を得ることができます。しかし、長期一括借り上げを謳う家賃保証サービスの利用にあたっては、事前に契約内容をしっかり確認しておくことも大切となります。借り上げ期間は長期間でも、契約内容によっては当初の家賃保証額については一定期間ののちに見直しを求められるケースもあるからです。アパート経営は長期間にわたって行うことが前提となりますので、自分ひとりで決断せずにアパート経営を引き継ぐ可能性がある家族ともしっかり話し合っておくことが大切となります。