家賃保証は大家さんと入居者にメリットがある|魅力とは

レディ

契約内容をしっかり確認

つみき

ほったらかし運用術

不動産を運用するためには、日々様々な業務が発生し、トラブル対応からの問い合わせ対応など多くの業務が伴います。しかし副業の一環として不動産を運用する人の場合、日々発生する業務をタイムリーに対応することが難しいかもしれません。そこで利用できるのが不動産の運用を外部に委託する方法で、近年は家賃保証型のサービスが注目を集めています。家賃保証とはその名の通り、毎月安定した家賃収入を業者から得られるサービスのことであり、もし借りる人が見つからない場合でも家賃を得られる特徴があります。しかし実際に個人間で契約をするよりも低い家賃の収入となってしまう点には注意が必要です。業者を間に挟むため、日々の管理業務に関する手数料等分収入が少なくなってしまいます。しかし家賃保証型のサービスは、借りる人とのやりとりから、トラブル発生時の対応まで全て行ってくれるケースもあります。つまり不動産を業者に運用を任せるだけで良いため、一切日々の管理業務が必要ないメリットがあります。そのためほったらかし運用術と呼ばれることもあるほど、管理業務から解放されるでしょう。そんな家賃保証型のサービスを利用する際には、まずいくつかの業者を比較した上でどの業者を利用するのか検討することをお勧めします。インターネット上で検索をしても、非常に数多くの家賃保証型の業者を見つけることができますので、毎月得られる料金から、対応が可能な内容に至るまでトータルで判断すると良いでしょう。