家賃保証は大家さんと入居者にメリットがある|魅力とは

レディ

賃貸のリスク回避

ウーマン

家賃を保証するシステム

賃貸経営をする場合、もっとも重要となるのが資金管理です。大きな資金を必要とする賃貸物件は、最初に資金を確保しておかなくてはいけません。多くのオーナーが金融機関からの借り入れで資金を賄います。家賃収入から返済を行いますが、築年数が経過すると、空室が出来ることがあります。空室は賃貸物件のリスクになります。賃貸物件を持つと、毎月掛かるコストとして返済負担や保守点検費用、電気代などがあり、空室が出来ると負担が掛かるでしょう。年間の負担として大きいのが固定資産税です。経年劣化により不具合箇所が増え、防水工事や外壁塗装などの定期修繕コストも大きいです。賃貸経営には空室リスクが存在しますが、この問題を解消するために家賃保証システムを利用することが良いでしょう。家賃保証とは万が一、空室が出来たとしても空室時に管理会社が家賃を支払ってくれるシステムです。毎月の家賃から一定の保証料を差し引いた家賃が家主に支払われます。管理会社は不動産業者であることが多く、空室が出来ればすぐに入居者を探すアプローチをとります。管理会社は空室の家賃負担を少なくするため早期で入居者を確保する努力をするでしょう。入居が決まれば、1ヵ月家賃分の仲介手数料が大家さんと入居者の双方から入りますので、2ヵ月から3か月の家賃負担の穴埋めが可能です。オーナーとしても空室を放置していれば負担が重くなるので、家賃保証システムは管理会社と大家さんの双方に利益が出ます。仲介を依頼する際に家賃保証システムの契約をすることが賃貸で安定した収入を得ることになるでしょう。