家賃保証は大家さんと入居者にメリットがある|魅力とは

お金

貸主と借主双方にメリット

メンズ

家賃滞納を心配しない

家を借りたいけれど連帯保証人を頼める人がいない、また貸主としては幅広く物件を貸したいが家賃滞納が心配などの理由のために最近は家賃保証会社を利用するケースが増えています。家賃保証会社とは手数料を得ることにより、第三者が連帯保証人になるサービスで、借主が家賃滞納などがあったときに立て替え払いをするものです。最近家賃保証を利用するケースが増えていますが、理由として家賃滞納者の増加、収入の不安定な高齢者世帯、外国人世帯の増加などがあげられます。家賃保証会社を利用するメリットとしては貸主側にとっては家賃の滞納を心配しなくて済むのが最大のメリットで、一般的な連帯保証人よりも確実性が高いと言えます。借主にとっては親族などに連帯保証人を頼みにくい、また高齢者世帯、外国人世帯などにはメリットの大きい制度です。家賃保証会社の選び方ですが、貸主側としては保証範囲の広さ、家賃滞納があった場合の支払いのスピードが気になるところです。ネットなどで比較するサイトもありますので利用するのも一つの方法です。一社だけでなく複数社に問い合わせ、対応スピードなどを比較します。そうすることで、納得のいく会社を見つけることができます。しかし、家賃保証会社に業務を任せるにしても、貸主側も最低限の知識は勉強しておく必要があります。また、選ぶ上では、現在は業界団体を作り自主規制をしていますので、団体に加入している会社かどうかを判断基準にするもの大切です。

アパート経営

女性

相続税の節税対策として、一括借り上げによる家賃保証サービスを活用してアパート経営を行うケースが増えてきているといわれています。アパート経営は長期間にわたることが一般的ですので、開始前にしっかりと長期間の経営計画を考えておくことが大切となります。

賃貸のリスク回避

ウーマン

家賃保証とは賃貸物件の空室リスクに対する安心の保証システムです。賃貸物件には固定資産税や修繕費、返済負担などランニングコストが掛かります。空室が出来ると大家さんの負担が大きくなります。その問題を解消するためにも家賃保証の契約をしておくと良いでしょう。

契約内容をしっかり確認

つみき

不動産を運用する際には、家賃保証型のサービスを利用することで、日々の管理業務から解放することが可能です。毎月安定した収入を得られ、日々の管理業務を行う必要がありませんので、まずはいくつかのサービスを比較してみましょう。